我、京大生ぞ

理系京大生のゲーテがよしなしごとを書き連ねるブログ

ゲーテって何者?とある京大生の半生 その二

f:id:a86223990:20170803155152j:plainこんにちは、ブログを愛し、単位に愛されなかった男、ゲーテ(@goethe_kyodai)です


今回は、みなさんお待ちかね、「ゲーテって何者?とある京大生の半生 その一」の続きを書きました!

是非見てください!


その前に、その一を見てない方はこちら↓↓


ゲーテって何者?とある京大生の半生 その一 - 我、京大生ぞ


目次

充実期:高校前半




「イケてなかった中学時代を取り戻すんだ!」という気持ちで高校へ


中学時代がイケてなかった一番の原因は帰宅部だったこと、と分析して部活に入ろうとするが、なんかしっくりくる部活がなかったって理由で再び帰宅部へ(後悔してます)


中学時代の反省を生かし、最初から謙虚なキャラを演じました


その甲斐もあってか、友達はどんどん増えてきて、一年、二年の間はそれなりに楽しい生活を送りました


修学旅行の班分けでも、あぶれることはありませんでした


友達と学校をサボって映画に行ったりカラオケに行ったり、普通の高校生活を送れていたと思います


学力面でも充実してました。


高校が始まってから行われる最初のテストで、学年10番以内に


中学では学年一位とかにはなったことなく、県内模試でもそんなにいい順位を取ったこともないので、進学校でいきなりこんな順位を取れたのは、何かのまぐれだと思っていました


でも、全国模試でも常に学年5番以内に入るようになってからは、自分の実力が確固たるものだと確信していきました


クラスでも「あいつは勉強ができるやつだ」という認識が広まってきて、よく勉強のことを聞かれるようになりました


勉強に関しては一目置かれる存在でした

堕落期:高校後半



三年の夏の京大模試で、塾にも行かずB判定を取ったことで、勉強のやる気が一気に吹き飛びました


もともと遅刻も欠席もちょいちょいしてて、学校の授業は実技以外全部内職か睡眠。そんな生活をしていたことも相まって、勉強へのモチベーションが底をつきました


勉強時間は1日1時間に落ち、二次試験前日までそれは増えませんでした


何をしていたかというとずっとYoutubeで有吉とかザキヤマとかふじもんの面白い動画を見てずっと笑ってました


人生史上一番非生産的な生活を送っていたのはこの時期です


学校生活はどうだったかというと、中学時代よりは良かったのですが、ある思いがだんだんと募っていきました


「勉強できる自分より、勉強できない人の方が人生楽しそう」


勉強できない人種の方が、自分より高校生活が充実してるように見えたのです


特に運動部は属してるだけでスクールカーストの上位に食い込めるので、学校行事でも、日常生活でも、傍若無人に振る舞い、生き生きしていました


また、体育では相変わらず、そんな人たちに運動面で劣ると馬鹿にされました


中学の時より運動部との運動能力、筋力面での差が広がってたので、さらに酷い仕打ちをうけてました


知らない人からも馬鹿にされるので、運動部に対する恨みが、より一層深いものになっていきました


特にサッカー部にそういう性格の悪い、民度の低い連中がいたので、サッカーそれ自体を憎むようになりました


他にも運動できない人はいたのに、勉強ができる私に対しての嫉妬からか、なぜか私が矢面に立たされてきました


平均点が5割くらいのテストで、「余裕で満点だったわ〜」という発言をしたりしてたので、鼻についていたのでしょう


そしてそういう人間は大抵、自分より知能面で劣っていました(学年TOPクラスだったため、ほとんどの人は劣ってはいたのだが)


運動部で、周りの人が会話できないくらいの音量で群れて騒いで、いじめられてる人の悪口を大声で言う、そんなチンパンジーのような人種の方がモテるし充実している


また、そういう人たちは数学ができないからか、文系の割合が圧倒的に多く、そのコンプレックスからか、理系を露骨に馬鹿にしてきました


わざわざクラスまで出向いて、「オタクばっかで気持ちわりい!」と割と大きな声で叫ぶ人もいました


体育で文系のあるクラスと一緒だったのですが、理系は運動神経がないなどと、相手に聞こえる声でしきりに馬鹿にしていました(そのクラスはスポーツ大会で普通に我が理系クラスに負けましたが(笑)


そんな知能面でも人格面でも劣る人種に、学校生活の充実度で負けるという、屈辱的な敗北を日々味わってました


そんな彼らに、復讐することを誓いました


京大に合格して、大企業に入って、金持ちになって、美女を嫁にして、こいつらより充実した人生を送るんだ!!!


長くなったので、続きはその三まで!


お楽しみに!

【運営報告(一ヶ月目)】一ヶ月目にしては順調!

こんにちは、今日落とした単位数と、増えた読者数が相殺しました京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です


まず「ゲーテって誰だよ!」って思う方はこの記事を読んでください↓↓↓


ゲーテって何者?とある京大生の半生 その一 - 我、京大生ぞ


ブログを始めて一ヶ月ってことで運営報告します!


目標は特になかったのですが、自分なりにはまぁまぁかなっていう感じです


目次

PV数



合計1000PV達成!


月約900PV達成!


可もなく不可もなくといったところでしょうか。有名ブロガーは初月から10000pvとか20000pvとか行ってるみたいなんで、大したことないです。


早く追いつきたい!

記事数


記事数は16


二日に一記事っていう塩梅ですね


できれば、毎日、最低でも1.5日に一記事は書きたい!

読者数


0→22


そこまで悪くはないのかな、って感じです。でももっと増やしたい!もっと僕の記事を見て欲しい!

アクセス流入割合



Twitter→79%
Google→8%
Yahoo→6%
はてなブログ→4%


Twitter多すぎ!もっともっとSEO研究してGoogle検索で入ってくるようにしたい!

Twitter


フォロワー0→100人!


100人増えたから満足!

8月の目標

  • 月PV数10000突破!
  • 記事数25
  • 読者数100突破!
  • Google,Yahoo検索流入割合50%以上!
  • Twitterフォロワー数500突破!


そのための策として...

  • SEO関連書籍を読みまくって実践!
  • エゴサーチでもなんでも利用して、ツイートでも記事でもいいからなんかをバズらせる!
  • ほぼ毎日ブログ更新!
  • プロブロガーの記事を読みまくって技術を盗む!


今後ともじゃんじゃん記事を書いていこうと思うので応援よろしくお願いします!!


ブロガーに勧められた、これ僕が読むつもりの本はこちら↓↓↓


SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

京大理系生からみた各学部のイメージ

こんにちは、ゲーテ(@goethe_kyodai)です


今日は京大理系生の僕が、京大の内部からみた、京大の各学部のイメージを、独断と偏見を交えて説明していきたいと思います


イメージはあくまでイメージでしかないので、必ずしも事実と合致しているわけではありません、ご了承ください




目次

理系

医学部

医学科


京大理系の中でもその頭脳において一目置かれる存在。その一方、ぶっとんだ社会不適合者も多い。彼らに日本の医療の未来を託すのはやや不安である。スポーツも盛んで運動部加入者も多い。


勉強はもちろん、スポーツ、女遊び、音楽と色々な面で常に競い合っている、競い合い続けることを宿命づけられた人種というイメージ。


男子は謙虚な人もいるが、女子はその希少性から選民思想があるので、性格がきつい人が多いらしい。

人間健康科学科


入るのが簡単なためか(完全に偏見です)、キャピキャピしてる女とか、チャラい男が多いイメージ。実験とか実習とかでクソ忙しいらしく、闇が深い。


その学力の低さから、露骨に馬鹿にする京大生もいる。

薬学部


理系の闇。テスト勉強、実験、実習、研究、国試の勉強で死ぬほど忙しいらしい。テストは膨大な量を暗記させられる一番時間と労力がかかるクソだるい仕様になっている。


女子が多いが、暴力的な忙しさで、そのメリットは相殺される。

理学部


京大理系の看板的な存在だが、四六時中数学と物理の話をしている変態集団。中にはハッとするような天才が混じっている。理学部のツイッターのアイコンはほとんどアニメアイコンで、ヲタクの多さを物語っている。


板書もしっかりして、毎日勉強し、テストもしっかりいい点を取る、そんな意識の高い学生が多いイメージ。


また、古き良きイカ京の伝統を受け継いでる風体の学生が多数生息してる。昔ながらのイカ京をみたいなら、理学部がある北部に行くといいかもしれない。

農学部


暇そう。単位も取りやすく、コマ数も少ない。暇そうだから部活入ってる人が多いイメージ。女子も多そう。理系で楽したいならここにはいればいいかもしれない。


理系にしてはホワイトすぎるので、一部の理系生から無条件に嫌われている

工学部


工学部は人数が多く、各学科によって毛色が違うので学科に分けて書きました

物理工学科


変人多そう。ヲタクも多そう。機械ばっかいじってるイメージ。ちゃんと授業出てる真面目な人が多そう。

工業化学科


実験が拘束時間長いし、レポートも何十枚も書かなきゃいけないしで、クソだるいらしい。「工化は世界一」と言われているが、その割には人気がないため、かなり疑わしい。

建築学


工学部の中では女子が多くて、ちゃんと可愛い子もいて、華やかなイメージ。だが製図がクソだるいそうで、オールも日常茶飯事らしい。建築だからか、割とおしゃれな人が多いイメージ。

電気電子学科


言わずと知れた留年率4割のブラック学科。かといって女子が多いわけでもなく、芋くて臭い男が多いイメージ。就職は強いらしいが、それでもプラスにならないような報われない学科。

情報学科


イッタラーとヲタクが多い。あと隠れブラック学科らしい。闇が深そう。

地球工学科


工学部の中ではホワイトらしい。だが人気はない。

文系

経済学部


ツイッターで京大生のウェイを観測したと思ったら大体経済学部。噂によると、一、二年でばっかばか単位落としてても三年から本気出せば卒業できるくらい楽らしい。


コミュ力が高い人間が多いイメージ。卒業が楽すぎるので、一部の京大生から嫌われている。

総合人間学部


ゼネラリストを目指した結果、全部中途半端で何者にもなれなかった人間が多数生息。専門を取らなくてよく、パンキョーの楽単で講義を埋めることができるため、卒業が経済学部並みに簡単


その卒業の楽さからか、「くそうじん」、「暇総人」と揶揄されがちである


中には他の総人生が遊んでいる中、勉強に励む人種もいるが、圧倒的少数派であることは間違いない。


文理問わず楽したいならここにすべきだが、かなりの確率で学生時代に何にもしていない人間になってしまうので、あまりオススメはしない。

文学部


クソ暇そう。女子が多くて華やかなイメージ。卒業シーズンも卒論で忙しいはずなのに暇そう。卒業が楽なのにも関わらず、あんまり馬鹿にされてないため、ここが文系の隠れオアシスかもしれない。

教育学部


入るまでその存在を知らなかった唯一の学部。どこに教育学部の建物があるかは未だに知らない。女子が半分いるらしい。教師になる人が多いイメージ。

法学部


単位取るのがめちゃめちゃ大変と聞いた。ブラックさで言えば理系に匹敵するかもしれない。文系の中ではイモいイメージ。ロースクール行く人は特にクソしんどいらしい。


合わせて読みたい↓


京大生からみた有名大学のイメージ - 我、京大生ぞ


京大生が学歴ロンダリングに物申す! - 我、京大生ぞ

ゲーテって何者?とある京大生の半生 その一

どうも、突如ブログ界に降りた孤高の天才、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です


僕をTwitterやブログだけで知ってる方、そもそも知らない方に向けて自叙伝的なことを書きました


ちなみに小中高→浪人→京大って軌跡を辿ってきました


ぜひみてください!


目次

順調期:小学校時代


f:id:a86223990:20170731151844p:plain


振り返ると、小学校時代はただのリア充でしたね


普通の小学校でしたが、塾に行ってるわけでもなく、自分で特に勉強してるわけでもありませんでしたが、学力テストでは一位か二位。


誰からも教えられてないのにも関わらず3桁と3桁の掛け算ができました。漢字でも、小2の時点で、小5で習う漢字を先取りして学習してましたね


先生からも生徒からも神童と認定されてました


学力だけじゃなく、人格面でも我ながら充実してました


毎日のように色々な友達と遊び、友達も多く、元気があり活発だった


また、積極的に学校の行事も取り組み、学習発表会で主役を演じたり、学級委員長に立候補したり


学級委員長に立候補すべく手を挙げると、他の候補者が「こいつには勝てない」と手を下げるような、そんな人間でした


先生からも厚い信頼がありました


また、そのギャグセンを生かしてクラスのみんなをよく笑わせていました。笑わせることが生きがいと化していましたね。学年が変わるたびにクラスの人気者としての地位を確立してましたね


宿泊学習のグループ分けでも、こっちから言わずとも自然と人が集まってきました


そんな人格面でも学力面でも、一目置かれていた小学校時代。人間関係も充実してました


このまま順風満帆な人生を送るはずだったのだが....


中学、高校とイケてない学校生活を送ることになります....

闇期:中学校時代


f:id:a86223990:20170731152123j:plain


と言っても中1~中2の前半まではまぁまぁ順調でした


小学校で養ったギャグセンと持ち前の地頭で早くも頭角を表します


人気者とまでは行きませんでしだが、そこそこ面白いやつっていう感じだったと思います


人間関係でも特に困ってはいませんでした。普通にしてれば人が寄ってきましたし


成績面では優秀でしたが、優等生ではありませんでしたね。友達と馬鹿なことをやって先生に怒られたり、学校のものを壊したりしてました


そこそこ楽しんでいたように思えたのだが、だんだんと学校生活に陰りが見えてきました


ある日を境に、っていうわけでもありませんでしたが闇期に突入していったのは複数の原因があったと思います

  • 部活に入っていなかった


f:id:a86223990:20170731152335p:plain


小学校まではクラスが主な人間関係の構築場であり、人との交流の場でした


だが中学以降は部活で濃い人間関係を作る人がほとんどです。部活に入ってなかった僕は、入ってる人よりも、同級生と交流するチャンスと時間が半分ほどになっていたんだとおもいます


部活をやってる人の同じ部活内での絆の深さ、運動部の別の運動部との交流の多さによる仲の良さをひしひしと感じて、自分は部外者である、という感覚が染み付いてきていました


あと、運動部で毎日のように運動している人間と、帰宅部で学校外でクラブもやってなくて、体育しか運動をしない僕とでは、体力面、運動能力面でかなり差がついてます


小学校では、天下やドッジボール、鬼ごっこで体力面、運動能力面でも普通の人と変わりなくできたのですが、中学校では体育で運動部についていけなくなりました


そんな有様なのでいつのまにか「勉強はできるけど運動はできないやつ」というレッテルを貼られ、舐められて行きました


そんな人にとって体育というのは地獄でしかなく、融通の利かない体育教師と、馬鹿にしてくる運動部を憎むようになりました


神童で人気者だった僕には、見下される経験が少ないので、そのぶん深く傷付きましたね。性格も暗くなって行きました

  • 中2、中3のクラスの仲が悪かった


f:id:a86223990:20170731152418j:plain


なぜか最初から仲が良くありませんでしたね。小学校でいじめられてたような人間の割合が多かったせいでしょうか。


グループ分けでも、席替えでもその人も一緒になると「なんであいつと一緒なんだよ?」って裏でも表でも言う民度の低い人間が出てきて、その度にクラスに険悪な雰囲気が漂ってました


クラスの雰囲気が悪いため、逃避のために、休み時間はよく他のクラスの友達と遊んでました


でも他のクラスの友達は、そのクラスに属しています。所詮僕は部外者で疎外感を感じる時も時たまありました


仲が良くないにも関わらず、同じ空間で勉強やらテストやら学祭やらをさせられる。そんなクラスというシステムに怨みを覚えました


そして性格もまた暗くなり、今まで遊んでいた同クラスの友達とも遊ばなくなってきました


気づけば1人を除いてぼっち


中2、中3となぜかクラス替えがなかったため、クラス替えに希望を抱くこともできず、ただただ絶望してました


小学校が充実してたのは、たまたま先生と友達の巡り合わせが良かったんじゃないか?と思うようになり、自分にも絶望感を抱くようになりました


小学校の時に特に目立ってもいなかった同級生が、いいクラスに恵まれ生き生きしてる姿によく嫉妬をしてましたね


毎日朝学校に行く足取りが重く、週一で遅刻したり、ズル休みをしていました

  • 周りを見下していた


f:id:a86223990:20170731152626j:plain


平気で人の悪口を聞こえるようにいう、いじめられてる人間に露骨な攻撃をする、そんな民度が低い人間がクラスに多すぎて嫌気がさしていました


人格面でも頭でも劣る人間と見下していましたね


見下されると、見下された方は必ず気づくので嫌われてもいきました


彼女ができることもなく、女子との交流もどんどん減っていきました....


勉強だけできて、スポーツのできないレッテルの貼られた、運動部に入ってない人間は自明にモテません


人格形成を間違ったとしたらここですね


小学校時代にあふれ出ていた自己肯定感も過去最低を記録しました


こうして僕はダークサイドに落ちていくのでした......


そんな生活を送っていたのですが、なんとかやっていけたのは、高校に希望をかけていたからです


「俺の居場所はここじゃない。もっと頭脳でも人格でも優れている人間がたくさんいる進学校に行けば馴染めるはずだ.....」


塾に行って勉強をして、無事に第一志望の高校に入学


果たしてゲーテは充実した高校生活を送れたのか?


長くなったので続きはその二まで↓↓


ゲーテって何者?とある京大生の半生 その二 - 我、京大生ぞ

目指せ握力王!フレキシブルでリーズナブル!IRON AMERICAN スーパーグリッパー

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です


男ならば、一度は片手でリンゴを潰してみたいですよね


握力を鍛えたいなら、握力を鍛えるのに特化したグリッパーが最適です


僕が試した中で、一番コストパフォーマンスがいいグリッパー


それがこちら↓↓



IRON AMREICAN スーパーグリッパー!


このグリッパーがなぜ最強か、その理由と長所と短所をつらつら語っていきます!


目次

細かい握力強度調節ができる!


三つついてるバネの位置を変えることで、20kg~155kgまで、約5kg刻みで握力強度を変えることができます


運動をしたことないヒョロヒョロ男子だも、老人でも、握力に自信のあるパワー系でも、誰でも使えます


上限が155kgだから、99.99%の人にとって一生使える道具になるでしょう

性能の割に、値段が安い!


僕が買った時はAmazonでセール中で1880円でした(定価は6090円のようです)


いろんな強さに調節できるのに、COCハンドグリッパーより安く買うことができるのです


50kg→60kgなどと自分の成長に合わせてCOCグリッパーを買い足していくより、こっちの方が断然やすいです


一つでCOCグリッパー10本と同じ価値があります

強さの指標が書いてある説明書がない場合があるので注意!


Amazonで買うと、説明書がついてない場合があります


そんな人のためにここにアップしておきます



位置1っていうのが一つ目のバネの位置、位置2っていうのが二つ目のバネの位置です(三つバネを使う場合には対応してません



上図はスプリング位置です

握る部分がザラザラしてて痛い!



握る部分がこんな風にザラザラしてるので、使ってくうちに皮が痛んできます


テニスグリップを巻くといいらしいです

そこそこ大きいので持ち運びづらい



写真のようにペットボトル(500ml)と比べても、かなり大きいです


普通のグリッパーよりかなり大きいからジムや体育館に気軽に持ち込んでトレーニングできません

まとめ


どのグリッパーよりコストパフォーマンスが高いので握力鍛えたいならこれを買うべきです


俺と一緒に握力王を目指しましょう!


合わせて読みたい↓↓


京大生の僕が筋トレを始めた理由 - 我、京大生ぞ


IRON AMERICAN スーパーグリッパー

IRON AMERICAN スーパーグリッパー

コミュ障の京大生の僕がコミュニケーションで意識していること

こんにちは、期待の新人京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です


コミュニケーション力、それは学校で習うどの勉強より大切なものであり、それがなければ人生を充実させるのはかなり難しくなるだろう


コミュニケーション力がないが故に人は負け、あるが故に勝つ


社会で生きてくならば、他人と持ちつ持たれつの関係を保たなければならない


というわけでコミュ障の京大生ブロガーの僕が日頃意識しているポイントを晒しちゃいたいと思います


いや、コミュ障のアドバイスなんか役に立たんわ!って?


コミュ障だからこそ、自然とやってれば誰とでも何不自由なくコミュニケーションができるコミュ強には分からない、痒い所に手が届くアドバイスができるんです


目次

わかんないところや聞こえないところがあったらちゃんと聞き返す


相手の話が少しでも聞こえないと、それに応じた当意即妙な返しができません。相手の話に対してピンポイントの当意即妙な返しが浮かばないと、「なるほど」や「そうですね」などとありふれた答えをしたり、的外れな答え方をして場が白けてしまいます


当意即妙な答えができると、会話に妙味が付け加えることができます


そして「できるやつ」という印象づけることができます

相手の話をちゃんと理解する、相手の立場に立って自分の話を理解させることを最優先にする


この二点だけを意識すれば、相手とほぼ100%の意思疎通ができます

適当に流さない


適当に流せば、十中八九相手にバレてしまいます。それがバレてしまえば相手は話す気をそがれてしまいます

沈黙になったら、とにかく浮かんだことを喋り続ける


沈黙になったら、頭に浮かんだことを関連性がなくても片っ端から話すしかないんです


沈黙をそのままにせずに、話し続ける方が気まずくもないし、相手も話す気になってきます

素早く反応する


相手の言葉尻を正確に見極め、0.1秒以内に返すだけで、「なんだけ頭の切れるやつ」のように思われます


また素早く反応することで、回転が早くなって会話のテンポが良くなります


テンポが良くなると会話がどんどん弾んでいってハッピーです

相手の話をないがしろにしない


これは絶対にやってはいけません。相手が話題を提供したのにも関わらず「そんなことより〜」などと自分の話題優先で切り出しては信用を失ってしまいます

声をはっきりと伝わるように


これは超基本ですか、聞こえなかったら相手も上手く返せません

一度言い出したことは言い切る


自分が一度言い出したことは、何が何でも頭をフル回転させて責任を持って表現するべきです


途中で話を切ってしまうと相手を混乱させてしまいます

常に連想して会話を続けさせる


脳をフル回転させて、相手の言葉に対していくつも連想して、その中から会話に最適なものを選んで口に出します


そうすることで、相手に飽きさせないように会話を続けさせられることができるのです

導入と接続を意識する


導入は「話の切り出し方」ということ


話題転換や会話のスターターとして、「ところで」や「突然だけども」、「特に関係ないんだけども」などという言葉で始めるだけで、喋り上戸感が出ます


接続は「相手の言葉に対して、その文脈にあった返し」ということ


文脈にあった返しをすることで、相手は「自分の言うことをちゃんと理解して返してるんだな」と思い、一定の信頼を置きます

頭の中で曖昧なことは口に出して言わない


頭の中で整理できてないことを言おうとしても、ちゃんと表現しきれずにモヤモヤした浮いたような言葉になってしまい、相手を混乱させてしまいます


相手も何を言ってるか分からないことに対しては適切な返しができません


相手にストレスを与えないようにすることで、相手に気持ちよく喋ってもらえます

京大生が教える!昼夜逆転のメリット&デメリット

どうも、大学に入って二度目の昼夜逆転生活に入ってしまったゲーテ(@goethe_kyodai)です


昼夜逆転中に思ったことがあります


昼夜逆転って以外と悪いことばかりじゃない!


なので今回は昼夜逆転突入記念に昼夜逆転のメリット•デメリットについてまとめてみました


目次

メリット

最初の2~3日は楽しい


昼に寝て夜に活動する生活にシフトしただけでなぜか新鮮な感じがする(すぐ飽きるのだが)。普通の人が起きてない時間帯にバッチバチに起きてるだけでなぜか常軌を逸した存在、異質なもの、異端なものという中二病的な感覚を得られて楽しい。Twitterとかで、「あ〜ねれねえ〜」みたいな無駄な起きてる自慢をする。この自慢は、勉強してない自慢、酔ってる自慢、授業出てない自慢と共に大学生しょうもない自慢の四天王の一角を担うであろう。

一人で集中できる時間が増える



深夜~朝は人がいなくて街が静か。車も走ってない。集中するにはうってつけで、課題や勉強、創作活動などで意外な進捗を生めることであろう。全受験生は朝型ではなく、あえて夜型にすることで、圧倒的なパフォーマンスを生み出し、他の受験生と差をつけることができよう。

早起きした気分になれる


普段寝てる時間帯(4時~7時)に起きれてるから、普段聞けない朝の雀の鳴き声や爽やかな日の出の光を浴びて、昼夜逆転してるとわかっていながら清々しい清らかな朝を迎えることができる。これが噂の「早起きは三文の得」じゃね?と一瞬思うが、すぐに以下のようなデメリットを被ることになる。

デメリット

学校に行かなくなる


人間が活動する時間帯に寝てるんだから、そりゃ学校に行けなくなるのは当たり前。今まで1限頑張ったら出れる、2限もたまにブッチするが行ける、ってのから4限ギリ間に合う、くらいになる。留年へ近づく。(1、2回程度の留年は悪いことだとは思わないが。むしろ、授業料が余分にかかるぐらいしかデメリットがないと感じられる。


1年分働く年数が減って生涯年収が減るというのをデメリットと捉える人がいると思うが、定年まで働くかどうかなんてわからないから、デメリットとして成り立たないと私は思う。むしろ留年してモラトリアムを楽しみたい。社会人になってからの一年と、学生時代の一年、人生においてどっちが大切か、諸君に問いたい。留年をして一年分の授業料で、学生の貴重な時間を買う、と考えればそこそこのリターンがもらえると考えても良いのではないだろうか?)

食生活が乱れる



今まで朝、昼、夜と食べていたのが、「これ何飯かわからないけど腹減ったしとりあえず食う」という衝動的なスタイルになり、規則正しい食生活と無縁な生活を送ってしまうことになる。

生活習慣が乱れる


昼夜逆転してるんだから生活習慣もクソもない。不規則な生活を規則的に繰り返す。

友達と疎遠になる


人が活動してる時間に寝てるんだから、日中のLINEやメールを返せなくなる。日中に遊びに誘われても寝てるから返信できないため、無視したみたいになる。そしてやがて誘われなくなる。人が寝てる時に出歩くから、道中や大学でばったり会う、とか全くなくなる。遠くに住んでるわけじゃない人と、疎遠になってしまう。

コンビニくらいしか利用できなくなる



24時間やってるのはコンビニくらいである(それでもやってるだけでありがたい)。それ以外の店の営業時間と寝ている時間帯が大体かぶるから、まともに生活必需品も買えなくなる。先進国にいながら餓死の可能性が微小ながら出てくる。

まとめ


メリットもあるっちゃあるが、やっぱり有り余るぐらいのデメリットの方が効果としては大きい。ただ一回くらいは人生経験として経験してみても損はない。昼夜逆転は損ということを学べるのだから。みなさんが気になるであろう昼夜逆転脱却法については素人なのでわからない、と言うしかない。


初めて昼夜逆転した時は、一ヶ月近く試行錯誤(とにかく寝ずに起きる、レッドブルを飲みまくるなど)したが、全然改善できず、いつも寝る時間の朝6時くらいに日光にさらされながらサイクリングを6時間くらいしたら、そのあともドーパミンのおかげか眠気に苛まれずに、夜8時くらいに無事寝れた。昼夜逆転しててなかなか治せない人は、参考にしてほしい。